FC2ブログ

後藤孝規のナンパテンプレとだからおまえはモテないんだ、ヤレ!を比較。 - 恋愛商材を暴くレビュー

後藤孝規のナンパテンプレとだからおまえはモテないんだ、ヤレ!を比較。

酒井です。

「もしもナンパが出来れば・・・」
と考えることってあると思います。

街中で可愛い女の子を見れば誰でも

仲良くなりたい。
彼女にしたい。
セックスしたい。

って考えると思います。

その時にナンパが出来れば
願望を叶える可能性は飛躍的に増します。


ナンパは女の子と繋がりを作る出会いの一つです。

今の友人と親しくなる前はただの他人です。
ただ、どこかで出会い、親しくなっただけです。

ナンパも他人と親しくなるキッカケの一つで
ただ場所が街中やどこかの場所だっただけのこと。

他人と親しくなるには声かけから全て始まります。

ナンパが出来れば親しくなりたい子を
選んで繋がりが作れるんです。

僕としてはナンパってメリットしか無いと思うし、
ナンパが出来ないってのはいくらでもある出会いを
見逃してしまうんだから損だと思っています。


もしも「ナンパが出来れば」と思ったなら
ぜひチャレンジしてみて欲しいと思います。


もしナンパを始めようと思うなら
ナンパ商材はかなり手助けになります。

ナンパって簡単ではないし、
心折れそうになるのも事実です。

実際に心が折れて諦める人がいるのが実情だから。

ナンパって飛び込み営業みたいなもので

声かけしてもシカトされ続け、
一向に相手にされないもんです。

まぁ~そういうものって割り切れれば
問題無いんですが。

メンタルやられる人もいるんですよね。

僕の知り合いで飛び込み営業やってて
訪問しても相手にされなくて営業に行くのが
苦痛になり、メンタルやられた人もいます。

ナンパの場合、

「お前になんて用は無い」
「話かけるんじゃねぇ」
って言われてるようなもんですからね。

しかも好みの女の子にそんな扱いされ続ければ
さすがにメンタルやられるのも無理ありません。

だから成功確率を高めるうえで、
そして強靭なメンタルを作るうえで

ナンパ商材は役立つんじゃないかと思います。

強靭なメンタルを作るうえでも、
成功確率を高めるうえでもマインドは重要だし

ナンパはどんなマインドで挑むべきかという
考え方を身に付けるにも

ナンパ商材を参考にするのも一つの手です。

ナンパ初心者向けの商材といえば

だからおまえはモテないんだ、ヤレ!
後藤孝規のナンパテンプレート

この二つが評判もいい有名な商材です。

だからおまえはモテないんだ、ヤレ!は
地蔵克服の商材です。

ナンパ初心者に特に多い現象が地蔵に陥ってしまうこと。
※地蔵とは声かけられずに立ち停まってしまうこと。


声かけても断られ続けていれば
地蔵になってしまうのも無理はないし、

ナンパを始めようと思って街に繰り出しても
ただ通り過ぎる女の子を眺めているだけで
「一向に声がかけられない」ってことも珍しくありません。

ナンパ初心者にとって地蔵が第一関門と言えます。
そんな第一関門を突破するのにお勧めなのが
だからおまえはモテないんだ、ヤレ!です。

だからおまえはモテないんだ、ヤレ!のレビューはこちら

この商材は実際にナンパ初心者が地蔵を克服していく
実録映像を見て学ぶことが出来ます。

地蔵をどうやって克服するのか。
地蔵克服する為のトレーニング方法など。

数々のナンパ初心者を教えてきた
ナンパコンサルタントのフクイレンさんが
ナンパ初心者を指導して克服させていく映像が見れます。

フクイさんのアドバイスをそのまま自分に取り入れれば
地蔵は克服出来るような商材です。

だからおまえはモテないんだ、ヤレ!のレビューはこちら

後藤孝規のナンパテンプレートはタイトルの通り
ナンパ成功のテンプレートです。

ナンパを成功させるには

声かけ
警戒心を取り払う
信用を得る
番号交換

この過程を乗り越えることです。

ナンパテンプレートではナンパ成功する為の
ナンパ理論が身に付けられるので

ナンパ初心者でもどうすればナンパが成功するのか。
女の子をどうしていけばいいのか知識を頭に入れて
ナンパに取り掛かれます。

何て声かければいいのかが解らなければ
テンプレ通りに進めればいいです。

後藤さんは実力派ナンパ師でもあり
有名な恋愛コンサルタントでもあります。

そんな後藤さんのナンパ実録動画もあるので
「成功するナンパってこうやるんだ」ってことが
良く解ると思います。

後藤孝規のナンパテンプレートは
初心者でもすぐにナンパが始められる商材と言えます。

後藤孝規のナンパテンプレートのレビューはこちら

どちらもナンパ初心者にとって参考に出来る商材なので
ナンパ始めたい!という人は参考にしてみるといいです。



スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです